周期的に起こる症状

医者

季節に左右される場合も

1年を通してうつ病の症状が出ているわけではないが、一定の期間のみ気持ちが落ち込んだり情緒が不安になったりする症状を反復性うつ病と呼びます。精神面が安定する期間が一定の周期でやってくるため、他のうつ病に比べて発見しづらくなっています。短期間の間に情緒が落ち着いてしまうと一時的な落ち込みだったと、本人も周囲の人も感じてしまうので注意が必要です。自覚症状が出やすいものとしては、季節に応じてうつの症状が出る反復性うつ病です。季節の変わり目から徐々に気持ちが落ち込み情緒が不安定になるというサイクルを何年も繰り返している場合には、専門家に診てもらうのがオススメです。一定の周期で状態が良くなることから、症状が出ている期間のみ他人との接触を避ける方法もあります。一定期間のみの入院による治療もあり、短期間のみ入院可能な施設を利用する方も増えています。はじめのうちは気持ちが落ち込むなどの症状が主ですが、身体の機能に変化が現れるなど日常生活に支障がでるケースも多く早期の治療が重要です。また、躁状態とうつ状態が交互に続く双極性障害と区別がつきにくい場合もあります。どちらの症状であっても、うつ状態が発症していることには変わりないので専門家のアドバイスに従って日常生活を送りやすくするのが大切です。季節に左右される症状の場合には、その季節が過ぎると自然と症状が出なくなるので、うつになりやすいタイミングのみ集中的に通院するなどの方法もあります。精神的に無理をしすぎると症状が出やすくなるので、病気が出る周期でない時にも過度のストレスを自分に与えないようにすると治りやすくなります。どのくらいの費用が反復性うつ病の治療にかかるかは治療方法にもよりますが、1回の通院で薬の処方とカウンセリングで5,000円から20,000円前後の予算が相場です。抗うつ剤の種類が多い婆には、その分だけ薬にかかる費用が高くなります。他にも通院するための交通費などを予算に入れておくと安心です。また、入院による治療を行う場合には、短期間の入院であってもおよそ100,000円前後の予算を計算しておくようにします。入院の場合には、あらかじめ治療を行う前に1日につきどれくらいの費用がかかるのか説明があるのが一般的です。食事代や入院生活に必要となる下着などの費用も、予算に入れておくようにします。施設内では患者の状態に合わせて健康に良い食事を提供しているので、栄養管理の心配もありません。特に一定の季節のみ反復性うつ病の症状が出る場合には、その期間のみ集中的な治療費がかかるので、入院しない場合でも薬代などの費用を多めに計算する必要があります。通院の場合では1年を通して専門医のカウンセリングを受けることで、うつの症状が出る季節になっても発症しないように治療していくことも可能です。その場合には毎月の通院費用がかかりますが、薬の数が少ない時期でもカウンセリングなどの基本的な費用として5,000円から10,000円は予算として計算しておくと通院しやすくなります。身体的な変化を調べるために検査などを行う場合には、別途検査の費用がかかるので、あらかじめ医師に費用をたずねておく必要があります。また、漢方薬による治療を取り入れているクリニックも増えており、ホームページなどで調べることが可能です。

Copyright© 2019 反復性うつ病について知る【寛解後も2年以上は飲み続けた方が安心】 All Rights Reserved.